モバイル・IT研究会第13回勉強会「学生のケータイ利用実態、およびモバイル関連研究の最前線~コアユーザーの利用実態に学ぶモバイルビジネスの展望~」 講演:携帯電話研究家 木暮祐一様 (2008/10/8)

第13回勉強会を10月8日に行います。今回は、クローズド形式で、携帯電話研究家の木暮さんに、ご講演いただき、昨今の学生の利用スタイルについて、ディスカッションを行います。

かなり熱いディスカッションになると思いますので、ぜひ皆様ご参加ください。

===========================
第13回勉強会
学生のケータイ利用実態、およびモバイル関連研究の最前線
~コアユーザーの利用実態に学ぶモバイルビジネスの展望~

日時:10月8日水曜日 19時55分
場所:渋谷駅徒歩5分・T's 東宝ビル別館 会議室404
地図:http://www.tsrental.jp/location/touhou/map.html
参加費:3000円
参加申し込み:メンバーの方はBizzoモバ研コミュニティ
http://bizzo.jp/member/community/top?cid=46 で申込み
または、事務局(jimu@moba-it.com)まで参加希望メール送付
===========================

IMG_4046lite.jpgご講演者:携帯電話研究家/武蔵野学院大学客員教授 木暮祐一

題名:学生のケータイ利用実態、およびモバイル関連研究の最前線 ~コアユーザーの利用実態に学ぶモバイルビジネスの展望~

講演概要:
これまで携帯電話関連サービス動向を20年に渡って追い続けてきました。ヒットしたサービスの影で、人知れず消えていったサービスも多数あります。サービスのヒットには、コアユーザー層に受け入れられるサービスを構築できるかどうかにかかっています。わが国のケータイ利用においてコアユーザー層といえばやはり大学生は外せません。演者はこれまで3年間に渡って大学生のケータイ利用の実態を調査してきました。大学生の利用実態をご理解いただくと共に、そこから拡がるビジネスチャンスについても聴講者の皆さんとディスカッションしていきたいと思います。
まだ、ケータイは研究の分野にも様々な形で取り扱われるようになってきました。
ケータイ関連研究の最新事情などもご報告いたします。

【略歴】
携帯電話研究家/武蔵野学院大学客員教授 木暮祐一(こぐれゆういち)
'80年代後半より携帯電話業界動向をウォッチ。出版社に勤務し、携帯電話関連書、雑誌等の創刊などに関わる。2000年、アスキーにて『携帯24』を立ち上げ、同ウェブサイト編集長。2002年、ケイ・ラボラトリー(現、KLab)の広報担当マネージャー。2004年、携帯電話研究家として独立、現在武蔵野学院大学客員教授、その他主要大学等で携帯電話やコミュニケーションに関連する講義を担当する。
モバイル学会理事、日本遠隔医療学会広報委員。1000台を超えるケータイコレクションも保有。

IMG_4041lite.jpg

 


トラックバック(0)

コメントする